08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

キヤコン初挑戦 

2015年最初のコンテストは、無謀にも「キヤコン」を第一弾として選択!
強者のAFVモデラーが集うこのコンテストに挑戦とは、怖いもの知らずすぎやしませんか !?

まぁとにかく目的がないと製作にも力が入らないので、参加することに意義がある状態で昨年暮れから本格的に作業開始。
最初の目的では一般ジオラマ部門で参加予定でしたが、なかなか製作が進まず結果一般単品部門で出すことに。

ジオラマの場合は太平洋戦線の南方のシーンをイメージしてました。
製作途中で作業停止の状態↓

20150201_111119.jpg


今年は終戦70年ですね。
太平洋戦線は日米共に激戦で犠牲も多かったことは承知の通りです。
アメリカのテレビドラマ「ザ・パシフィック」を観るとその様子がわかります。
ガダルカナル、ペリリュー、硫黄島、沖縄と実話を元に勝利国側から描いたものですが、兵士や戦いの様子などがわかる貴重なドラマではないかと思います。
第二次大戦はヨーロッパ戦線が描かれることが多いですからね。

さてさて模型の話に戻って、最初はファインモールドの九五式軽戦車を組んだのですが、合わせが悪くプラ板やパテで隙間を埋める作業が難儀しました。
そしてこれでもかとヒートペンでダメージ痕を表現した結果がこれです。↓

B4uRv-5CEAAhUt0.jpg


なんと言うことでしょう!
もうこの時点でやり過ぎ感満載なのに、この後さらにブチブチ穴を開けすぎて見るに堪えない状態に。
てなことでこの九五式は不採用。


さぁどうするべと思いこういう時は秋葉原へ行けば何とかなるかとラジオ会館に突撃!
なんとかなりました。
結果がこれ↓

20150211_140616a.jpg

神様仏様ドラゴン様!

グリーンボックスの九五式軽戦車後期型が鎮座しており迷わず購入。
丁度アーマーモデリングで日本戦車の特集が載っていたのでそちらを参考に早速組立開始。
ドラゴンのキットは機銃、砲身共にキューポラ内部の部分まで作られていて、しかも上下左右動くのでジオラマのシーンを作るには最高なのであります。

20150119_111202-1.jpg


20150120_111010 - コピー


20150122_113602 - コピー

フェンダーを薄くしたりハッチ裏側の手すりをプラ棒にしたり付属のディテールアップパーツを使用しましたが、ほとんどストレート組みです。
履帯はフリウルを使いたかったのですが入手出来なかったためモデルカステンを使いましたが、途中何回も切れてしまい扱いが難しかったです。


20150126_205119 - コピー


20150128_135921 - コピー

組んだ後サーフェーサーを吹いて日本陸軍戦車後期迷彩色を筆塗してみましたが、なんか変な感じで納得いかないので一回すべての塗装を剥がすことに。


20150129_182145 - コピー (2)


B8geapKCIAAiMVK.jpg

ミスターホビーのペイントリムーバを薬局で売っている燃料用のアルコールと1:1で薄めてタッパーにドボンと沈めると、何と言うことでしょう!
IPAに一晩漬けても落ちなかったラッカー塗料がみるみるうちに落ちて行きます。
薄めてこれですから原液のままだったらプラは溶かしてしまうのか?
まぁ長時間漬けなければ大丈夫だとはおもいますが・・・


20150130_130403 - コピー

ここまでかなりの時間を費やしてしまいもはや失敗は許されない状況で、今度はエアブラシで迷彩塗装。
良いんだか悪いんだかわからないまま、もうやり直しはしないと決めて前進あるのみ。
と、ここで気づく。
あっ!パンツァーパテ使わないで塗装しちゃった(泣)
そうです。色の塗り分け線が本当ならはっきりわかるようにしなきゃいけないのに、普通にぼやけてます。
あぁぁもうダメダメです。トホホです。

ここで後退か。
いやいやまだなんとかなるだろうと、ウェザリングカラーのスティンブラウンを全体に流してみる。


20150131_191209 - コピー


20150131_191118 - コピー

うん?なんか良い感じになってきたぞ。(自己満足)
下地にヘアースプレーを吹いておいたのでカリカリ削って塗装の痛みを出してみましたが、思ったほど良くなかったかなぁ。


20150201_234950 - コピー

模型と言えばちょっと大袈裟にデフォルメってわけで、ハッチ裏側と砲塔内部をフラットブラウンでサビサビにしてみました。
実際はこんなになることはなかったのではと思いましたが、上から覗いた時にインパクトがありそうだったので思いっきりやってみたのであります。


20150201_234210 - コピー


20150202_001357 - コピー


20150205_000157 - コピー

サビサビと言えばマフラー部分も迷わず塗装。
マフラーのサビはオレンジ、ハルレッド、フラットブラックの3色でチョンチョンと筆の先で塗装して行きました。

ここまでをぐるりと一周全体をご覧ください。

20150203_025929.jpg


20150203_030111.jpg


20150203_030415.jpg


20150203_030445.jpg



ここで展示用のベース製作に入りますが、この時点で締め切りまで一週間切ってしまい時間との闘いに。
ベースはスタイロを薄く切って接着して紙粘土で形を作ります。

20150204_110618 - コピー


乾いたところでティシュペーパーを水で濡らした筆で紙粘土に接着して木工用ボンドを水で薄めたところにプラスターを投入してよくかき混ぜます。
そして筆で叩くようにプラスターを載せてゆきます。

20150204_113606 - コピー


乾く前にプラスターの欠片をパラパラとそれらしく配置して、完全に乾いた後に水溶き木工用ボンドで固定します。

20150204_170804 - コピー


20150204_172433 - コピー


乾いたらホワイト、アイボリイエロー、ローアンバー、ブラックのアクリル絵具を混ぜて、かなり薄めにしてプラスターの色も出しつつ筆で塗装します。

20150205_105420 - コピー


次にテクスチャーの土を全体のバランスを見ながら撒きます。

20150205_110300 - コピー


単調なので仕上げにターフの緑褐色で草を表現して完成。

20150205_110722 - コピー


車体全体に砂埃と足回りに付着した泥を表現しみましたが、納得の出来ではなく失敗したなぁと思っています(泣)
最後に全体をご覧ください。

20150207_103240a - コピー


20150207_103219a - コピー


20150207_103008 - コピー


20150207_103025 - コピー


20150207_103054a - コピー


20150207_103107a - コピー


20150207_103158a - コピー


作品名は「九五式軽戦車後期型第三戦車団第一四連隊六六三号車1944年マレー」
キヤコンの全作品が店頭で見られるのは来月中旬までだそうです。






[edit]

GT-R展示中 

秋葉原駅前のラジオ会館8階のボークスさんで今日からGT-Rを展示させていただいております。

お店にお越しの際はご覧いただけたらと思います。
また感想などもお聞かせくだされば今後の製作の励みになります。


201412171917419bc.jpg

[edit]

箱庭的情景ジオラマ製作記 

モデスポまで一ヶ月となった10月の初めに急遽製作を開始したのが2点の箱庭ジオラマ。


簡単に製作過程を紹介します。


まず最初は東急ハンズで購入した小さい植木鉢上に製作開始。


小さくカットしたスタイロフォームを詰めて重ねた後にカベ補修材を塗り石を配置します。

01.jpg


03.jpg



乾いた後タミヤのテクスチャーを塗って地面を整えます。

03a.jpg


04.jpg


テクスチャーが乾く前によく乾燥させたティーパックの紅茶葉を振りかけて腐葉土に見立てます。

06.jpg


石を増やして小川の川底には鉄道模型用の本物の石を細かく砕いたバラストを撒いて倒木も接着してあります。
ここで苔の雰囲気を出すためにターフの緑褐色を撒いて水溶き木工用ボンドで固着させました。

07.jpg


落ち葉を追加して地面のベースは完成。

08.jpg


続いて小川に水を流すために使用したのが高透明キャストのデブコン。
非常に透明度が良く気泡も入りずらいですが浸透性が良すぎて流したくない地面部分にまで浸みてしまいました。
浸みた部分は改めて紅茶葉を振りかけて整えてあります。

08a.jpg


09.jpg


一日ほどで固まった所で池のように流れの表現がないのでDDFのグロスメディウムを使い水面に変化を付けました。

09a.jpg


010.jpg


次に木の幹を製作。
まず芯になる先の部分を細く削り木工用パテを練って付けます。
乾燥前に幹に皮の表現を加えるためにスジを入れていきます。
私はツェンメリットコーティング用の治具を使いましたが目詰まりしてしまい上手く表現できなかったので乾燥後にデザインカッターで適当にスジを追加しました。
枝は造花用30番の針金で製作し幹に穴を開けて瞬間接着剤で取り付けます。
塗装は適当のそれらしい色になるように混ぜてしまったので説明ができません。
樹木の色は良く観察しながらの研究課題だと思っています。


011.jpg


012.jpg


013.jpg


014.jpg


016.jpg


仮置きでベースに差し込んで状態を確認します。

017.jpg



次にもうひとつの作品のご紹介。
廃線になって朽ちていく森林鉄道跡をテーマにしました。
こちらも東急ハンズで購入した輪切りしたスギのベースの上に製作。
スタイロフォーム削ってカベ補修材を塗ります。

018.jpg


019.jpg


乾燥後チューブの木工用パテで地面に変化を付けて石を配置します。

020.jpg


丸太橋の位置を確認。

021.jpg


橋は角材で組んだ後にデザインカッターでボロボロにしていきます。

022.jpg


タミヤのテクスチャーを塗り枕木も同じような方法でボロボロにして配置。
その後こちらも紅茶葉を振りかけてます。

023.jpg


024.jpg


025.jpg



枕木や橋の塗装はグレーをベースにホワイトとブラックを少々様子を見ながら筆塗していきました。
続いて土砂崩れ部分を砂と小石でそれらしく表現しました。

027.jpg


028.jpg


029.jpg



最後に一番の見せ場の針葉樹の葉を作ります。
使用するのはプリザーブドしたしのぶ苔を使います。
時間が無かったのでマルタケさんから針葉樹用に販売されている物を購入しました。
自分でしのぶ苔を買ってプリザーブドした方が安く大量に作ることができますので次回は挑戦したいと思っています。


030.jpg


031.jpg


032.jpg


034.jpg


035.jpg


塗装はラッカー系のグリーンをエアブラシで塗装。

037.jpg



最後にプライザーの鹿を塗装してなんとかモデスポギリギリで完成しました。

038.jpg


039.jpg



展示中針葉樹の葉について多数のご質問を頂きました。
ここにあげました方法はモデスポにも参加しおりました、すこっつさんの方法を参考に製作しました。
まだまだ納得しない部分が多数ありますがみなさんの参考になれば幸いです。

[edit]

モデラーズエキスポ2014 

11月の3連休に大阪南港のATCで行われたモデラーズエキスポに今年も参加して来ました。

プロモデラーとアマチュアモデラーの競演的なこのイベントは今年で3回目となりますが、年々人気と認知度が上がり今年は今までで一番の入場者だったそうです。

模型企業の協力を一切受けずプロモデラーさん達もすべて自腹参加と言う正にモデラーによる手作りイベント。

しかし作品や実演内容は濃い物ばかりで、しかも実演は無料で誰でも見て聞いて質問もできちゃいます!

そこで今年もここぞとばかりに技法や素材などを聞きまくりに走ってテンションMAX!

実演はYoutubeで公開されています。
https://www.youtube.com/watch?v=PCV39shqUk0
https://www.youtube.com/watch?v=3CUDTxzpbxI
https://www.youtube.com/watch?v=uXVv9iE4Rm4
https://www.youtube.com/watch?v=Rbj5tgX0XVc
https://www.youtube.com/watch?v=wp3s__9se_A
https://www.youtube.com/watch?v=q0XHma6fKRk
https://www.youtube.com/watch?v=7IWOMl473z4

すべてのモデラーさんの作品を紹介できませんがご覧ください。

IMG_2308.jpg

IMG_2313.jpg

IMG_2315.jpg

IMG_2317.jpg

IMG_2320.jpg

IMG_2322.jpg

IMG_2326.jpg

IMG_2327.jpg

IMG_2331.jpg

IMG_2333.jpg

IMG_2334.jpg

IMG_2337.jpg

IMG_2338.jpg

IMG_2339.jpg

IMG_2342.jpg

IMG_2435.jpg

IMG_2452.jpg

IMG_2453.jpg

IMG_2454.jpg

IMG_2460.jpg

IMG_2469a.jpg

IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg

IMG_2475.jpg

IMG_2476.jpg

IMG_2477.jpg

IMG_2478.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2486.jpg

IMG_2489.jpg

IMG_2498.jpg

IMG_2496.jpg

IMG_2516.jpg

IMG_2519.jpg

IMG_2524.jpg

IMG_2529.jpg

IMG_2530.jpg

IMG_2532.jpg

IMG_2533.jpg

IMG_2536.jpg

IMG_2536a.jpg

IMG_2537.jpg

IMG_2538.jpg

IMG_2541.jpg

IMG_2545.jpg


ここからはエキシビジョンの作品です。

IMG_2568.jpg

IMG_2574.jpg

IMG_2579.jpg
IMG_2603.jpg

IMG_2605.jpg

IMG_2608.jpg

IMG_23531.jpg

IMG_23542.jpg

IMG_23593.jpg

IMG_23754.jpg

IMG_23825.jpg

IMG_24007.jpg

IMG_23976.jpg

最後は私が展示した作品です。

IMG_25958.jpg

来年は一度お休みしてと話がありましたが、エキシビジョンだけでも途切れさすことはしないで開催?とのお話も。

ともあれ1年ぶりの再会あり、新たなモデラーさんとの出合いありと楽しい3日間でした。

[edit]

モデルカーズ賞を受賞しました! 

すっかりブログを放置プレー状態したまま3ヶ月あまりが経とうとしています(汗)



Twitterではこまめに載せていたのですが、製作しながらブログを更新する人たちを尊敬してしまいます。



さてさて第31回東武タミヤモデラーズコンテストに出品すべく製作してきましたハコスカGT-Rの完成までを続けたいと思います。


20140916164106cc5.jpg

GT-Rがすべて完成して組んでみました。




20140916164108f96.jpg

エンジンルームも錆びさせましたが、はっきり言ってやりすぎです(笑)
実際これほど錆びるとなると、どのような状況で放置されているのか・・・
しかもエンジン本体にも赤錆が出ているなんてあり得ない。
まぁそこは模型なのでディフォルメってことで。





201409161641080f0.jpg

次に仮置きしてレイアウトの確認です。
車だけだと単調なので樹木と廃車体を撮影するカメラマンのフィギュアをタミヤのラリーピットクルーから改造をしていたのですが、間に合いそうにないのでフィギュアは断念。







20140916164110e32.jpg

20140916164111748.jpg

壁補修材で地面の下地を作ります。







20140916164407ef6.jpg


201409161644098be.jpg

展示台は昨年モデスポ会場で購入したものにスプレー塗装した後にサンディングシーラーを吹き600番のペーパーでヤスって最後にクリヤーを吹いて完成。
ピカピカできれいな仕上がりですが細かく見るとちょいと粗が目立ちます(泣)






201409161644041ee.jpg


20140916164406aae.jpg

樹木は定番の針金を束ねた後に依って枝を作り木工用パテで幹部分を太くしてオランダドライフラワーを瞬間接着剤で接着しました。
雑草とシダは紙創りを使用、一部はドライフラワーのピーコックグラスを使っています。







201409161644118ee.jpg


2014091616471133c.jpg

ベースに水で薄めた木工用ボンドを塗って乾かないうちに土を茶漉しで全体にまんべんなく震います。
土はホームセンターで購入して園芸用の赤玉土をすり鉢で潰して使いました。






20140916164710ff8.jpg


20140916164711d06.jpg

土が乾いたら鉄道模型で使われているターフの緑褐色を指でまぶしながら木工用ボンドで固着させます。









20140916164713583.jpg


201409161647146d6.jpg


20140916164951588.jpg


201409161649535e1.jpg

すべて完成したので自然光で撮影してみました。









20140916190415db4.jpg


そして製作した本人もビックリ( ; ゜Д゜)
なななんと!賞を貰っちゃいました!








20140916171114a95.jpg


20140916171116be4.jpg

人生初のトロフィーを頂きました!
賞を貰えるなんてモデラー冥利につくのであります。

この廃車体製作にあたり塗装の剥がれ具合と錆び塗装はアラーキーさん、展示台のきれいな仕上げ方を頑固者1967さん共に師匠に教えて頂いた賜物であります!
この場を借りてお礼申し上げます。
このお二人のブログをリンクさせて頂いているので是非ご覧ください。

まだまだ製作中の物があるのでアップして行きたいと思います。









[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

訪問者